dポイントのたまるdカードとは?

dカード/dカードゴールドを徹底攻略

dカード ゴールド 国内旅行保険

dカードゴールドの国内旅行保険を徹底解説

投稿日:

前回はdカードゴールドの海外旅行保険について解説しました。

dカードゴールドの海外旅行保険を徹底解説

今回はdカードゴールドの、もう一つのメリットである、国内旅行保険について詳しく解説していきたいと思います。

上手く利用すれば、国内旅行の際に無駄に保険に加入する手間がなくなるので、非常に経済的でお得です。

dカードゴールドに付帯する国内旅行保険の知識さえ身に付けてしまえば、かなりお得な生活ができるようになりますよ♪

仕事で出張が多い、家族で国内旅行に良く行く!という方におすすめのクレジットカードです。

では、dカードゴールドに付帯する国内旅行保険とはどんな内容の保険なのでしょうか?

dカードゴールドの国内旅行保険

dカードゴールドに付帯する「国内旅行保険」は、国内旅行中の死亡事故やケガについて補償が適用される保険なので、「死亡または後遺障害になった場合の費用」、「入院した場合の入院費」、「通院する場合の通院費」、「手術代の補償」が用意されています。

dカードゴールドの国内旅行保険の補償対象は4パターン。

国内旅行保険が適用される4つのケース

  1. 公共交通乗用具(電車・飛行機・船など)に乗客として搭乗中に被った傷害
  2. 旅館、ホテルなどに宿泊客として滞在中に火災・破裂・爆発によって被った傷害
  3. 宿泊を伴う主催旅行(パック旅行など)に参加している間に被った傷害
  4. 国内航空便の遅延・欠航や、手荷物配達の遅延・紛失などで負担した宿泊料、食事代などの一定の費用

dカードゴールドの国内旅行保険は「利用付帯」のみ

dカードゴールドの国内旅行保険は、予めdカードゴールドで、交通機関の搭乗費用や宿泊施設の予約の支払いを行った場合にのみ適用されます。

海外旅行保険のように、自動的に保険が付帯するわけではないので注意しましょう。

dカードゴールドの国内旅行保険は「利用付帯」です。

dカードゴールドの国内旅行保険の補償金額

保険の種類 本人会員/家族会員
傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 程度により200万円~5,000万円
入院保険金 5,000円(日額)
通院保険金 入院保険金日額の5倍または10倍
手術給付金 50万円
(一事故あたりの自己負担額3,000円)
遅延費用特約
乗継遅延による宿泊・食事費用
2万円
遅延費用特約
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用
1万円
遅延費用特約
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用
2万円
遅延費用特約
出航遅延・欠航による食事費用
1万円

※国内旅行保険に家族特約は付きません。

dカードゴールドの傷害死亡保険金

dカードゴールドを利用して国内旅行中に死亡してしまった時に適用される保険です。

最大5,000万円までの保険が適用されます。

dカードゴールドの傷害後遺障がい保険金

dカードゴールドを利用して国内旅行中に、何らかの傷害で後遺症が残ってしまった時に適用される保険です。

被害の程度により200万円~最大5,000万円までの保険が適用されます。

dカードゴールドの入院保険金

dカードゴールドを利用して国内旅行中に、何らかの傷害を負い入院を余儀なくされてしまった時に適用される保険です。

入院の日数に対して1日につき5,000円の入院費用が支払われます。
※事故日よりその日を含めて180日が限度

dカードゴールドの通院保険金

dカードゴールドを利用して国内旅行中に、何らかの傷害を負い通院を余儀なくされてしまった時に適用される保険です。

通院の日数に対して1日につき3,000円の通院費用が支払われます。
※事故日よりその日を含めて180日以内の通院に限り、90日が限度。
※平常の生活に支障がない程度に治った場合、それ以降の通院に対しては、保険金は適用されません。

dカードゴールドの手術給付金

dカードゴールドを利用して国内旅行中に、何らかの傷害を負い手術を余儀なくされてしまった時に適用される保険です。

手術の種類に応じて入院保険金日額の5倍、または10倍が支払われます。
※1事故につき1回に限る。

dカードゴールドの国内航空便遅延費用特約とは


航空便を乗り継ぐ場合に、航空便の遅延によって、次の便に乗れなかった場合に、その間に発生した金額を負担してくれる保険です。

国内旅行で電車や船などが遅れることは、そう多くはありませんが、昨今LCC(格安航空会社)の遅延率が年々増えていると言われています。

万が一、飛行機の便が遅れ、次の便に乗れなかった場合…。
ホテルに泊まったり、食事をしたりすることがあると思います。
そんな時に役に立つのが、この国内航空便遅延費用特約です。

では、どんな時に保険が適用されるのでしょうか。

dカードゴールドの乗継遅延

被保険者が航空便を乗り継ぐ場合において、乗継地点へ到着する被保険者の搭乗した航空便の遅延によって、乗継地点から出発する被保険者の搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に出発便の代替となるほかの航空便を利用できなかった時。

乗継遅延により負担した宿泊代・食事費用など 最大2万円まで適用されます。

dカードゴールドの手荷物遅延

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから6時間以内に、被保険者が携行する身の回り品で、かつ、航空便の搭乗時に当該航空会社が運搬を受託した手荷物が予定していた目的地に運搬されなかった場合。

手荷物遅延により負担した生活必需品(衣類)など 最大1万円まで適用されます。

dカードゴールドの手荷物紛失

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が予定していた目的地に運搬されなかった場合。

手荷物を紛失したことにより負担した生活必需品(衣類)など 最大2万円まで適用されます。

dカードゴールドの出航遅延

被保険者が、搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延、航空便の欠航もしくは運休または当該航空会社の搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能が生じ、当該航空便の出航予定時刻から4時間以内に代替となるほかの航空便を利用できない時。

航空便の欠航もしくは運休などで負担した食事代金が 最大1万円まで適用されます。

国内航空便遅延費用特約が適用されない例

  • 保険契約者、被保険者の故意
  • 保険金受取人の故意
  • 戦争、その他変乱(テロ行為は除きます)
  • 放射線照射、放射能汚染
  • 地震、噴火またはこれらによる津波

このようなケースでは国内航空便遅延費用特約は適用されないのでご注意を。

では、国内航空便遅延費用特約が必要になった時、どんな書類が必要になるのでしょうか。

必要書類をまとめてみました。

保険金請求の方法

用意する書類

保険金請求書類 死亡保険金 後遺障がい保険金 入院保険金 通院保険金 航空便遅延費用
保険金請求書
dカード(コピー)
医師の診断書
治療費の明細書・領収書
死亡診断書
事故証明書
航空便遅延証明書
支出を証明する書類
除籍謄本
委任状・戸籍謄本
売上票(お客様控え)

◎印は必ず必要な書類です。○印は場合によって必要となる書類。

dカードゴールドの国内旅行保険まとめ

年会費こそ10,000円+税のかかるdカードゴールドですが、上記のように国内旅行に行く時に安心できる保険が付帯しています。

前回、説明した海外旅行保険も付帯するdカードゴールドは、お得であること間違いなし。

ドコモユーザー+海外旅行好き+国内旅行好きなら、絶対に持っておきたいクレジットカードであると言えるでしょう。

dカードゴールドを上手く利用して充実した生活を手に入れましょう。

以上、「dカードゴールドの国内旅行保険」でした。

-dカード ゴールド, 国内旅行保険

Copyright© dカード/dカードゴールドを徹底攻略 , 2017 AllRights Reserved.